ハンマーフロート


感度と遠投性を両立させたヘビー級の自立ウキ。
カゴ釣り、のませ釣りに最適です。

重量級でも低浮力だから、感度がよくて遠投可能。
サーフのカゴ釣りや、のませ釣リに威力を発揮します。

ハンマーフロートの特徴
  • 回転羽根付完全中通しの自立ウキです。 
  • 内蔵オモリが入っていますので遠投性が抜群。 
  • 浮力が小さいので、アタリをよく表現します。 
  • 夜釣りにはぎょぎょライトLLが装着でき視認性も良好です。
商品種類の選択 個数 価格(税抜)
ISO-A-0003
ハンマーフロート

¥ 744~1,147
7~11 P

ハンマーフロートの概要

ハンマーフロートは、8号・20号のオモリを内蔵した遠投用の自立ウキです。軽いカゴや仕掛けでも遠くに飛ばすことができ、浮力が小さいので感度も十分。カゴ釣りに、のませ釣りに、従来にない遠投力で新しいポイントにトライしてみてください。

【自立ウキだから、最適な重量バランス】

カゴ釣りで遠投しようとすれば大きなオモリが必要でしたが、その分、ウキが大きくなることで飛行中の重量バランス、空気抵抗のバランスが崩れやすくなり、思うような遠投はなかなか困難でした。また、大きなオモリを背負わせることで、どうしても感度がスポイルされてしまう欠点がありました。
ハンマーフロートは、最適な重量バランスに調整された自立ウキですので、遠投性と感度を両立しています。特に遠投力は抜群で、波止や磯はもちろんサーフからの釣りも可能にしています。

【活き餌ののませ釣り用に特におすすめします】

小アジなどの活き餌を使って青物やヒラメを狙うのませ釣りでは、餌がライナーで飛んでいかないように、フワリと投げることが基本ですが、ハンマーフロートは重量級のウキが先に飛び、餌がゆっくりと引っ張られるように飛行します。
ウキに連れていかれるように比較的低速度で活き餌が飛びますので、着水もソフトです。狙ったナブラを逃さない遠投力で、新しいのませ釣りをお楽しみください。

ハンマーフロートの種類

【ハンマーフロート8号】

中通し自立ウキ
標準号数=2号
残浮力=3号
内蔵オモリ=8号
実質重量=11号、約42g
適合竿・・・磯竿3号以上

   
【ハンマーフロート20号】

中通し自立ウキ
標準号数=4号
残浮力=2号
内蔵オモリ=20号
実質重量=22号、約83g
適合竿・・・磯竿4号以上

 

<語彙説明>
●標準号数:このウキに適合するオモリ号数、何も付けなくても自立します。
●残浮力:標準号数にこの号数を加えると沈み始めます。
●内蔵オモリ:ウキの中にあるオモリの号数

豪快でスリリング。生きたアジを泳がせて釣るのませ釣り

のませ釣りは、地続きの波止でも気軽に大物釣りを楽しむことができる釣りです。対象魚は、ヒラマサ・ハマチ・カツオ・イカ・アコウ・青ハタ・ガシラ・マハタ・エソ・イズカサゴ・ヒラメ・黒ソイなどのフィッシュイーターたち。

コツコツと小アジが逃げまどう様子が出てくれば、やがて本アタリがあります。 本アタリは、たいていウキが沈むとすぐに竿先がそのままもっていかれるほど大きなものですが、喰いが悪いときは一度に持ち込まず、そのままコツコツと アタリした続きますので、少し竿先で聞いて様子を探ります。
ここぞというタイミングで、思いきりアワセてください。

【のませ釣りのTips】

 ハンマーフロートで狙うのませ釣りのTipsをご紹介します。

 

【ハマチ・ブリ】
秋口になると、近場の波止にもハマチ(ブリ)が回遊してきます。のませ釣りの王道といえるほどポピュラーな釣りですが、入門にも最適です。

 

まずはその日のタナを探ることが大切ですので、餌となるアジが回遊しているタナを目安に、ウキ下を設定します。 タナを広く探るため、全遊動にしている方もあります。アジに負担をかけないように、オモリは必要以上に重くしない方が良い結果が出ます。ポイントは、防波堤の先端や角など、潮流が変化するところ。潮目が出れば、最高のポイントになります。

 

餌のアジの大きさは15cmまでが最適です。アジを針に刺す場合は鼻掛けか目掛け、もしくは背掛けです。 いずれにせよアジが泳ぎやすい状態にしてやると良いです。仕掛けは、ハンマーフロート8号の場合はオモリ1~3号。ハリス4~10号1ヒロほどが標準。 ハンマーフロート20号の場合はオモリ2~4号。ハリスは同じです。

 

ウキがスポンッと消えるのが驚きの釣りですが、あわてず竿にアタリがくるのを待つくらいでちょうど良いでしょう。それからゆっくり合わせてもOKです。釣期は小アジが釣れだす7月から11月まで。最盛期は秋の10月頃でしょう。アドレナリンが爆発する釣りです。刺身も最高ですね。

 

【ヒラメ・マゴチ】
ウキを使ったヒラメ・マゴチののませ釣りは、ハンマーフロートの遠投力が可能にした新しい釣りです。
ポイントはやはり底近く。底から30cm~1mを目安にウキ下を設定します。 オモリはハマチよりも少し重めにして底近くをいつも回遊させます。根がかりを考えてハリスは6号~10号と太くし、長さは半ヒロほどとります。ヒラメは、餌を見つけると中層~上層までジャンプしてきますので、根がかりが心配なポイントでは、少しウキ下を浅めにとっても大丈夫でしょう。

 

【アオリイカ】
青物を釣っているとアジの頭をかじられることがあります。やはりイカがいるのです。 このようなときには、リュック針を使用しましょう。アタリがあったら竿を大きくあおるのがポイントです。

 

【セイゴ・スズキ】
夜釣りのスズキは、防波堤では常夜灯があるところがねらい目になります。意外に浅いところまでやってきますので、 ウキ下は1~2ヒロほどから始めてみてください。捕食が下手な魚なので、遅アワセを意識して、竿に反応があってからアワセるくらいの方がいいようです。

商品写真

 


ハネを外せます

軽く回転するハネ

ぎょぎょライトLLを装着

かなり遠くまで見えます

完全中通しです

若干柔らかく出来てます

塗装が綺麗なヘビーウエイトウキ

ソフトで強靱に作っています


 

仕 様

 

【ハンマーフロート8号】

 

  • 中通し自立ウキ
  • 標準号数=2号
  • 残浮力=3号
  • 内蔵オモリ=8号
  • 実質重量=11号、約42g
  • 適合竿・・・磯竿3号以上

【ハンマーフロート20号】

  • 中通し自立ウキ
  • 標準号数=4号
  • 残浮力=2号
  • 内蔵オモリ=20号
  • 実質重量=22号、約83g
  • 適合竿・・・磯竿4号以上

この商品のレビュー

レビューの投稿にはログインが必要です

この商品を買った人はこんな商品も買っています

マイクロフリップ

マイクロジギングに専用開発。ただ巻きで釣れるプレミアムタングステンジグ。

MJリグ

より手軽になったヒラメDSの進化形。ワンタッチでセット、最大100mの遠投でヒラメ・マゴチをゲット。

世界最強のPEライン EXXA0.3号

0.3号で1号に匹敵する15LB(6.8kg)最強PEライン「EXXA」。マイクロジギングに最適。

源流鯛ラバDANGO

鯛ラバの源流・九州の海で磨かれた全遊動カブラ。驚きの釣果です。

EZノッター(NEW) FGノット結束器

最強FGノッターが新デザインで大幅にプライスダウン。PEラインのマストアイテムです。送料無料。

ポラジックフィルムフックセット

ポラジックフィルムをネクタイに採用。マイクロフリップに簡単セットで大型マダイに最適。

提携サイト

決済・発送はそれぞれのサイトごととなります。
ルアーメイキング来画
カゴ釣り研究会
釣りグッズ音海屋

この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL

Facebookで最新情報をチェック

ページの先頭へ戻る

(C) Gear-Lab All Rights Reserved